てつのお守り

オールインワンのパッケージで、
お財布にもやさしい保険が、
あなたのライフステージを
サポートします。

てつのお守り

概要・メリット

病気・ケガ・がん

突然の病気や不慮の事故によるケガの際の入院・通院・手術等を補償します。また、がんと診断確定された場合や、がん治療や生活のための保険金をお支払いします。

病気・ケガの補償(医療補償)

約47%割引
すべて閉じる

漫画で見る補償のあらまし

漫画で見る補償のあらまし

突然のケガとは

  • 運動中の捻挫
    運動中の捻挫
  • 交通事故
    交通事故
  • 旅行中の
    不慮の事故
    旅行中の不慮の事故
  • 荷物の取り損ね
    荷物の取り損ね
  • 階段で転んだ
    階段で転んだ

入院時の自己負担費用額は1日平均23,300円

入院時の自己負担額の円グラフ

出典:(公財)生命保険文化センター「令和元年度 生活保障に関する調査」

  • ※集計ベース:過去5年間に入院し、自己負担費用を支払った人[高額療養費制度を利用した人および利用しなかった人(適用外含む)]
  • ※治療費・食事代・差額ベッド代に加え、交通費(見舞いに来る家族の交通費も含みます。)や衣類、日用品費などを含みます。
  • ※高額療養費制度を利用した場合は利用後の金額となります。

三大疾病にかかる医療費と先進医療の技術料

横にスクロールできます。

先進医療技術 技術料(平均額)
陽子線治療
(肝臓ガン治療例)
270万円
先進医療の技術料は
全額自己負担!
  • ※金額は2019年6月現在の診療報酬公的医療保険制度に基づき算出。
  • ※診察料、投薬料、入院費等は公的医療保険が適用されます。

補償の特長

  • POINT01

    病気・ケガによる入院(1日目から)・手術・放射線治療を補償します。

  • POINT02

    病気・ケガで入院し、退院後通院した場合も入院日額と同額を補償します。

  • POINT03

    病気・ケガによる先進医療を1,000万円まで補償します。

    #
  • ※医療基本補償の場合

さらに補償を手厚く

  • 三大疾病・重度傷害一時金

    • ※重度傷害の一時金は、三大疾病のみ
  • 入院一時金

  • 傷害補償ケガ充実

    ケガで後遺障害になった場合、ケガで通院(入院なしでも)した場合をセットで補償

    • ※地震・噴火またはこれらによる津波を原因とするケガも補償

補償内容

医療基本補償

横にスクロールできます。

日額補償 日額
10,000円
コース
日額
5,000円
コース
日額
3,000円
コース
病気ケガで入院したら 1回の入院につき
730日限度※3
10,000円/日 5,000円/日 3,000円/日
病気ケガで手術したら 重大手術※1 40万 20万 12万
入院中 10万 5万 3万
入院中以外(外来) 5万 2.5万 1.5万
病気ケガで放射線治療を受けたら
(放射線治療保険金)
10万 5万 3万
病気ケガで先進医療※2を受けたら
(総合先進医療保険金)
技術料と同額 1,000万円限度 1,000万円限度 1,000万円限度
一時金 10万 10万 10万
病気ケガで入院し、退院後通院したら
(退院後通院保険金)
10,000円/日 5,000円/日 3,000円/日
  • ※1 対象となる重大手術については、「てつのお守りパンフレット掲載の補償のあらまし」をご確認ください。
  • ※2 対象となる先進医療については、「てつのお守りパンフレット掲載の補償のあらまし」をご確認ください。
  • ※3 1回の入院について、疾病・傷害入院支払限度日数を限度とします。「1回の入院」とは次のいずれかに該当する入院をいいます。
    • 入院を開始してから退院するまでの継続した入院
    • 退院後、その日を含めて180日を経過した日までに再入院した場合で、その再入院が前の入院の原因となった身体障害(医学上重要な関係がある身体障害を含みます。)によるものであるときは、再入院と前の入院を合わせた入院
       

オプション

横にスクロールできます。

三大疾病・重度傷害一時金(三大疾病のみ)
 1.がんと診断確定された場合
 2.脳卒中・急性心筋梗塞で入院した場合
100万円
入院一時金 5万円

傷害補償ケガ充実(後遺障害と通院はセット扱いとなります)

横にスクロールできます。

ケガで後遺障害になったら 300万円 200万円
ケガで通院したら(傷害補償通院保険金) 3,000円/日 2,000円/日

加入できる年齢

団体契約の始期日時点(2023年1月1日)を基準

新規加入 継続加入
満70歳以下 満99歳以下

がん補償

約47%割引
すべて閉じる

漫画で見る補償のあらまし

漫画で見る補償のあらまし

補償の特長

  • POINT01

    保険始期日(中途加入日)から補償が開始されます。

  • POINT02

    再発・転移の場合、何回でもお支払いします。

  • POINT03

    がんと診断確定されたときに保険金(一時金)をお支払いします。
    診断初年度にはがん診断一時金の受取り、翌年からはがん生活支援で毎年保険金を受け取れる安心の組み合わせも可能です。

  • ※保険金支払いの条件については「てつのお守りパンフレット掲載の補償のあらまし」をご確認ください。

がん離職をなくすためのプラスα(オプション)

  • がん生活支援

  • 抗がん剤治療

  • 患者申出療養

診断初年度には「がん診断一時金」の受け取り、翌年からは「がん生活支援」で毎年保険金を受け取るなど、組み合わせることでQOL(Quality of Life)を向上し、治療の選択を増やせます。

がん生活支援特約

最大9年間にわたって、毎年保険金をお支払いします。(所定の治療を受けていない年はお支払いしません。)

横にスクロールできます。

がん治療支援サービス利用等がん治療を受けている方のQOLの確保
外見のケア 帽子、専門メイク、ウィッグ、専門スキンケア
からだのケア 定期的なPET検診、サプリメント、リンパマッサージ、緩和ケア
こころのケア カウンセリング、専門メンタルクリニック、精神腫瘍医、リラクゼーション
生活のケア 生活相談サービス、家事代行サービス、ベビーシッター、ペットシッター

がん患者申出療養特約

患者申出療養を受けた場合、技術料を最大3,000万円まで補償。最先端の治療も選択できます。

横にスクロールできます。

現在の日本の医療制度
保険外併用療養 選定療養(差額ベッド代等) 評価療養(先進医療等) 患者申出療養
全額自己負担
保険診療 診療・検査・投薬・⼊院料等
健康保険組合負担:7割 ⾃⼰負担:3割

補償内容

基本補償

横にスクロールできます。

がん診断一時金 保険金額(いずれかを選択) 保険金をお支払いする主な場合
50万 100万 200万 がんと診断確定※1されたときに保険金(一時金)をお支払いします。
なお、継続前契約で既に診断確定されたがんが一旦治ゆした後の再発・転移や、新たながんが生じたときでも保険金をお支払いします。※2

オプション

横にスクロールできます。

保険金額(いずれかを選択) 保険金をお支払いする主な場合
がん生活支援
保険金額
第1回 0円 0円 0円 てん補期間※3中にがんの治療を直接の目的として毎年所定の治療※4を受けたとき、毎年1回、最大で9年間(9回)にわたり保険金をお支払いします。
※第1回目はがん診断一時金が支払われるため0円としています。
第2回以降 50万円 100万円 100万円
抗がん剤治療 5万円 10万円 10万円 がんで抗がん剤治療※5を受けたときに
保険金をお支払いします。
患者申出療養 3,000万円 がんで患者申出療養※6を受けたときに
保険金をお支払いします。
  • ※1 がんの診断確定は、病理組織学的所見により、医師等によって診断されることを要します。
  • ※2 支払事由に該当した最終の診断確定日からその日を含めて1年以内であるときは保険金をお支払いできません。
  • ※3 がんと診断確定された日から10年後の応当日の前日までの期間をいいます。
  • ※4 所定の治療については、「てつのお守りパンフレット掲載の補償のあらまし」をご確認ください。
  • ※5 対象となる抗がん剤治療については、「てつのお守りパンフレット掲載の補償のあらまし」をご確認ください。また、抗がん剤治療保険金の支払限度月額は、60か月とします。
  • ※6 患者申出療養については、「てつのお守りパンフレット掲載の補償のあらまし」をご確認ください。

加入できる年齢

団体契約の始期日時点(2023年1月1日)を基準

新規加入 継続加入
満5歳以上満70歳以下 満99歳以下